たるみ 美顔器 顔のたるみ 解消グッズ

【paoの効果】 たるみ・ほうれい線・二重あご

更新日:

口にくわえて翼のようなものをブンブン振るフェイシャルフィットネスPAO

 

パオ 効果 たるみ

 

クリスティアーノ・ロナウド、広末涼子さんなども使っている顔の筋肉【表情筋】にアプローチする美容器具。外国人女性が出演するテレビCMをご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな、PAO(パオ)、顔のたるみ・ほうれい線・二重あごへの効果はどうでしょうか?実際に購入して使ってみた効果をまとめてみます♪

 

パオ 効果は本当?使ってみた!

パオ 効果 たるみ

 

pao 初日・・・振り方にコツがいる?

pao 重りは3段階

負荷を3段階に調整できる『パオ』。ウエイトレベルが真ん中のピンクのウエイト(23g)からスタート!

 

pao 効果

 

いちばん軽い緑のウエイト(18g)から使用してもいいですが、中間レベルのウエイトで様子を見て、重ければ軽いものに。

 

pao 効果ない

 

軽ければいちばん重たいオレンジのウエイト(28g)に変えてみようと思いました。どのウエイトを使うかは、自分の好きなようにするといいですよ。

 

pao 揺らし方が少し難しい

CMを見ると、簡単にパオの翼がブンブンと振れるのかと思ったら、うまくブンブンできませんでした!

 

パオ 効果 ほうれい線

 

CMのようにきれいに振れない!MTGに問い合わせたら、こんな回答がありました。

 

首・顔を大きく上下に振ると、首を傷める原因にもなります。一定のリズムでパオを揺らすのが難しい場合は、足を軽く開き、ひざを軽く屈伸させるようにするのがおすすめです。首や肩に力を入れすぎると動かしづらいので、力まずにリラックスして振ることも大切です。

 

最初は、鏡の前で首とひざを軽く振る程度からスタート。翼の部分が大きくブンブン揺れなくてもOK!

 

だんだん自分とパオのタイミングが合ってくると、きれいに振ることができるようになります。10秒くらいからスタートして、少しずつ時間を長くしていくといいですよ。

 

首や顔を上下に大きく振ると、首にも負担がかかるため、少しずつひざを軽く曲げながら『パオ』を使うと、うまく揺らすことができます!60秒もすると、口の周り・頬も軽く筋肉痛になってきます♪

 

paoを使って1週間・・・楽に顔の筋トレができるように

ひざを軽く曲げる方法で『パオ』を使いはじめて1週間。1回30秒を1日2回。朝と夜、続けています。

 

1週間くらいでは、とくにリフトアップ効果は感じられません。とにかく続けるのみですね。これから続けてみて、変化を感じられるようになったら、また追記していきます!

 

paoの効果

パオの効果は、フェイスラインの見た目だけでなく、数値としても検証結果がでています。

 

パオ 効果 たるみ

 

第三者機関の調査の結果、パオを4~8週間、継続使用した20代~70代(50名)にリフトアップ効果が認められ、医学誌にも『パオ』による表情筋トレーニングの効果検証結果が掲載されました

 

パオを継続使用した方の顔の輪郭・ほうれい線・頬のたるみ・二重あごがすっきり!見た目年齢が若くなっています♪

 

実際に『パオ』を購入し、毎日続けている方の94%もリフトアップ効果を実感!楽天ダイエット・健康ランキングでも1位なんですよ♪

 

pao 効果がでないのは使い方のせいかも

表情筋への効果が認められている『パオ』ですが、使い方が違うと「効果なし!」なんてことにも。

 

とくに、『パオ』の咥えかたが大切です。口を「お」の形にして大きく開いたら、唇で『パオ』を支えるように咥えます。

 

このとき気をつけないといけないのが、歯で噛んで支えないようにすること!唇だけで支えることが大切です。結構、難しくて口回りと頬の筋肉を使うんですよ。正しく唇でくわえると、頬がキュッと引っ込みます。頬がひっこまないときは、正しく咥えられてないということになります。

 

フェイシャルフィットネス mtg paoとは?

  • 顔の垂れ下がりがひどい
  • ほうれい線がくっきり目だつ
  • フェースラインがぼやけてきた

 

そんな、顔の表情筋に作用するフェイシャルフィットネス『パオ(MTG)』

 

MTGのPAOは、早稲田大学と美容機関との共同開発で誕生した人気の小顔美顔器。人間工学と物理学のバランスを追及している『パオ』の表情筋運動。

 

1回30秒を1日2回。表情筋を鍛えるというメソッドで、顔のたるみ・シワ・ほうれい線を改善。口に咥えるだけでも口輪筋を鍛えられるように設計されています。

 

また、効率的に顔をリフトアップするために、『パオ』のしなり角度や振り幅、長さ、板バネなの厚さまで追求して作られています。

 

  • しなり角度43度
  • 周波数2~3ヘルツ
  • 板バネ厚0.6㎜
  • 長さ54㎝
  • 振り幅20㎝

 

ほうれい線・口角の下がり・フェイスラインのくずれ・もたつき・顔のたるみは、加齢による顔の筋肉の弛緩(ゆるみ)が主な原因。顔の筋肉もカラダの筋肉と同じように使わないと衰えてしまうもの。とくに、頬の筋肉は皮膚全体を支える土台となっているため、筋肉が衰えると皮膚が垂れ下がり、老け顔になってしまいます。

 

筋肉は年齢に関係なく、鍛えると鍛えるだけきちんと効果がでるパーツですから、毎日『パオ』で顔の筋肉を鍛えることが大切です。

 

paoのメリット・デメリット

メリット

  • 電気代不要の美容器具
  • 美容液などのスキンケアアイテムも不要
  • 細切れ時間であっという間にフェイシャルトレーニングができる
  • 続ければ続けるだけ、効果がきちんとでる
  • ウエイトが3種類あって、負荷を簡単に変えられる

デメリット

  • クセづけするのが大変
  • 携帯には不便

 

私が感じる『パオ』のデメリットは続けること!歯磨き・洗顔のように毎日の習慣になるといいのですが、習慣になるまでが大変だと感じます。

 

面倒くさがりなので、一度使用を止めるとズルズルと使わない日が続いてしまいそう・・・。でも、がんばって顔のたるみ・ほうれい線・二重あごをスッキリさせたいものです。

 

 

-たるみ 美顔器, 顔のたるみ 解消グッズ
-, ,

Copyright© 顔 たるみ 頬のたるみ ほうれい線 二重あご解消♪ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.